スクールの雰囲気

男の子に負けたくないという気持ちでサッカーを頑張っているスクール生ですが女の子は女の子なんです。

スクール生も人数が増えてくると楽しさは増すようです。

先日面白い光景がありました。

「オッケー、休憩しよう。お水飲んでおいで」

そう言うと、それぞれが水筒を置いているフットサルコートの隅に水分を取りに行きます。

普段なら、すぐに飲んで帰って来るのですが全員で座り込んでお喋りしながら水筒のお茶?を飲んでいるんです笑

女の子だなぁって思った瞬間です。

「おーい、早く戻ってこんか」

っと言っても立つ気配すらなく、みんなで楽しそうに喋っていました。

一対一のトレーニングでも「キャーキャー」言いながら楽しくトレーニングしています。

もう、うるさいくらいに大きい声です笑

スクールを始めるに当たって、たくさんの子供達の試合を見に行きました。

そこで感じたのが試合中、表情を変えずに黙々と走っている姿でした。

それは女の子も男の子も同じでした。

サッカーは楽しいもので苦しいものではありません。

もっと表情を豊かに喜怒哀楽を見せても良いスポーツなのです。

ですが試合中は表情を変えず、何も喋らない子供達も試合ではない休憩時間は楽しそうに笑っているんです。

そこに違和感を感じました。

どうして試合中にその表情が無いのか。

それは普段のトレーニングでも同じではないのだろうかと思います。

トレーニングでサッカーの楽しさを伝えてあげる事が試合でも表情を変えてあげる事に繋がるはずです。

だから僕は彼女達が試合中でも良い表情でプレーできるようにトレーニング中も楽しい雰囲気を大切にしたいと考えています。

こちらのInstagramdで雰囲気を見て下さい。